トラネキサム酸 シミ 内服
化粧品を用いて美白ケアをしているという方、多いですよね。

しかし中にはシミ改善のため皮膚科やクリニックに通い内服を処方してもらっているという方も多く、その中でもトラネキサム酸を処方されて飲んでいるという声が多くあります。

「シミと内服薬が繋がらない」「トラネキサム酸の内服って?」など疑問を感じる方も多いでしょう。

トラネキサム酸はシミに対してどう作用するのか、内服のメリットやデメリットを知っておきましょう。

トラネキサム酸の内服はシミにどう効く?

ではまずトラネキサム酸がシミに対してどのように作用し、どんな効果をもたらすのかを知っておきましょう。

トラネキサム酸は厚生労働省が認めている美白効果をもつアミノ酸の一種です。

トラネキサム酸は炎症やアレルギーを抑える効果をもつため、医療の現場で使用されてきましたが、現在は美白効果がある成分として注目を浴びています。

トラネキサム酸が美白効果のある成分として厚生労働省に認められたのは2002年と最近の話です。

そんなトラネキサム酸ですが、市販の化粧品でも医薬部外品として成分がとりいれられて販売されていることがあるので見かけたことがあるという方も多いでしょう。

トラネキサム酸は
◎シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制
◎炎症を抑制
◎抗プラスミン作用

といった効果を持つため、シミや肝斑に対して効果を発揮しやすい成分となっています。

トラネキサム酸は肌に直接塗るよりも内服した方が効果を発揮しやすいため、皮膚科や美容クリニックではトラネキサム酸の内服が処方されることが多いのです。

また通院しなくても市販でトラネキサム酸を配合した内服薬も販売されていますが、その際に注意が必要なメリット・デメリットを以下で見ていきましょう。

トラネキサム酸の内服のメリット・デメリット

トラネキサム酸は今でこそ美白有効成分に着目され医薬部外品として手に取りやすい位置づけにありますが、もともとは医療現場で使用されてきた成分です。

医療機関においては蕁麻疹や湿疹の薬としてや止血剤の代わりとしても使用されてきました。

トラネキサム酸の内服のメリットは、
◎皮膚に塗るよりも効果を発揮しやすい
◎シミだけではなくそばかすや肝斑、傷跡の色素沈着などにも効果がある

という部分が大多数を占めます。

反対にトラネキサム酸の内服のデメリットは、
◎止血効果があるため血液が固まりやすくなる可能性
◎心筋梗塞や血栓に持病がある方は注意が必要
◎副作用の可能性

というものがあげられます。

トラネキサム酸の内服は皮膚科など私たちの身近で処方されることのあるものなので、危険というわけではありませんが使用に関しては注意が必要とも言えます。

トラネキサム酸は肌に塗るよりも内服で体内に摂りこむ方が効果を実感しやすいというメリットはありますが、止血効果がある成分のため血液が固まりやすくなる可能性があります。

医薬部外品として市販で購入する化粧水や美容液などと、内服のトラネキサム酸の含有量は異なるので内服として摂り入れていきたいという場合は医師に相談をしてから摂取するようにしましょう。

またトラネキサム酸の内服で副作用反応が起こる方もいます。

主に胸やけや食欲不振などがあげられるため、気になる反応が起こった場合はすぐに医師に相談をするようにしましょう。

また持病がある方や妊娠中、・授乳中などは服用できない場合があるため、安易に市販で購入せずに医師に相談のうえ摂取するようにしましょう。

シミの効果には大きな期待がもて実際に改善している方が多くいるトラネキサム酸の内服ですが、メリットやリスクもあるということをしっかりと知ったうえで服用するかの判断をしてみてくださいね。

安全に摂取してキレイな肌を目指していきましょう。