トラネキサム酸 シミ 皮膚科
シミや肝斑の治療で皮膚科に通っている方は多くいます。

皮膚科や美容外科でシミや肝斑の治療をする際にトラネキサム酸が処方されることがありますが、皮膚科ではどのような形でトラネキサム酸が使用されているのでしょうか。

トラネキサム酸がなぜシミに効くのか、トラネキサム酸にはどのような効果があるのかもあわせて見ていきましょう。

シミの治療に皮膚科ではトラネキサム酸がどのように使われている?

トラネキサム酸は化粧品にも使用されていることがあるので、耳にしたことがあるという方も多いかと思います。

皮膚科や美容外科などではシミや肝斑の治療にトラネキサム酸が使用されることがあります。

その際は錠剤で服用する場合や肌に塗布して摂取する場合とがあります。

トラネキサム酸は止血効果や炎症やアレルギーを抑えるために医療の場で使用されてきたものですが、最近ではシミの治療や化粧品に含まれることが増えてきました。

医療機関では「トランサミン」という名称で処方されています。

シミや肝斑に使用される場合は、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する効果や、炎症を抑制する作用があり肌を明るくする美白効果目的で使用されます。

肌に傷ができてしまいその部分が色素沈着してしまうなんてことありますよね。

そうした色素沈着にもトラネキサム酸は有効とされているため、皮膚科での幅広いシミの治療にトラネキサム酸は使用されているのです。

トラネキサム酸は皮膚科で処方される場合錠剤を服用するかたちが多くなりますが、トラネキサム酸には止血剤の効果があるため摂取することで血液が固まりやすくなるということがあります。

化粧品としてトラネキサム酸を摂り入れる場合は摂取量が少ないため血液に作用するリスクは低くなりますが、錠剤で服用する場合は注意が必要です。

特に持病がある方は必ず医師に相談をしてから安全に摂取するようにしましょう。

また稀に胸やけや食欲不振などの副作用が起こることもあるので、皮膚科にてシミの治療にトラネキサム酸の錠剤を服用することになった際は覚えておくと良いですね。

シミにトラネキサム酸はどう作用する?

トラネキサム酸は医療の場で使用されてきたとことを上記で少し触れましたが、現在は厚生労働省にも認可された美白効果のある内服薬として皮膚科でも処方されています。

皮膚科で処方される場合は主にシミや肝斑の内服薬としての効果を見込んだものとなります。

シミの原因となるメラニン色素の炎症を抑制する効果があり、メラニン色素生成に関わるプロスタグランジンを抑制することができます。

プロスタグランジンはメラニン色素を作るうえで必要な物質なので、この物質を抑えることでシミの予防になるというメカニズムです。

また止血剤にも使用されるプラスミンが作用することで、炎症反応やアレルギーの働きを抑制することができます。

肌の内部で何が起こっているのかは自分で見ることはできませんが、トラネキサム酸のように肌の奥で炎症を抑制する効果のあるものを摂取することでシミの予防や改善効果に期待がもてますよね。

トラネキサム酸を皮膚に直接塗る場合は血液に届くリスクが少ないという点もありますが、浸透力は内服薬に比べると薄まります。

化粧品でトラネキサム酸を摂り入れているがイマイチ効果を感じられないという方や、色素沈着によるシミが気になっているという方は皮膚科に通院するという手を考えてみても良いのではないでしょうか。

皮膚科や美容外科でトラネキサム酸が処方された場合、効果が現れるのは内服薬で4~5週間で薄くなりはじめ、2ヵ月を過ぎるころには改善がみられると言われています。

市販されている化粧品や内服薬に配合されている量と皮膚科で処方される量とではトラネキサム酸の含有量が異なるので、目に見える改善効果を期待する方は一度皮膚科で相談されてみてはいかがでしょうか。