メラノフォーカスV 使い方
美白美容液売り上げ12年連続1位という驚異の売り上げ数を誇る資生堂HAKUのメラノフォーカスV。

メラノフォーカスVは美白美容液ですが、どのような使い方をするのか効果的な使い方があるのか気になりますよね。

美容液といっても保湿美容液と美白美容液では使う順番が異なったり、使用量が異なったりもします。

美白美容液とカテゴリー分けされるものでも、ブランドごとによって使い方が異なるため効果アップを狙える使い方を抑えておきましょう。

メラノフォーカスVの使い方を知っておこう

美容液の正しい使い方ができているかと聞かれて自信をもって「はい」と答えられる方はどれくらいいるでしょうか。

使い始めこそ正しい使い方を守るようにしていても、使っていくうちに自分の使いやすいタイミングで使っているなんてこともありますよね。

メラノフォーカスVに限ることではありませんが、効果を実感するためにはまず正しい使い方をすることが大切となります。

それは美容液の使用順序を守ることや1回分の使用量を適量守るということです。

ポイント1:順序

メラノフォーカスVは美白美容液なので、まずは洗顔後化粧水で肌を整えてから使用していきます。

朝と夜どちらも使用できますが、化粧水で肌の状態を整えてからメラノフォース3Dを塗布し、最後に乳液で蓋をするようにしましょう。

ポイント2:塗り方

化粧水を塗布した後に、メラノフォーカスVを2回プッシュした分量を手のひらにとります。

指で両頬、額、鼻、あごの5箇所におき、丁寧に馴染ませていきましょう。

頬の高い位置や鼻筋などは日に当たりやすいため、特に念入りに馴染ませていきます。

面積の大きい部分からゆっくりと円をかくように馴染ませていき、徐々に目元や口周りに馴染ませていきますが、目の周りは皮膚が薄いため特に優しく馴染ませましょう。

ポイント3:効果的な使い方

ポイント2は通常のお手入れに取り入れたい使い方となりますが、より効果を実感できる方法をたまに取り入れてみるのもおすすめです。

指先に少量を取り出し、中指と薬指の腹をつかって気になる部分に小さく円をかくようになじませていきます。

このときに揉むように馴染ませるとより効果的ですが、刺激とならないように注意しましょう。

馴染ませたあとは顔全体を手のひらで覆いハンドプレス!

じっくり浸透していくのを感じ、特別なケアをしているということを意識して行うとより効果的でしょう。

メラノフォーカスVを浸透させるために

メラノフォーカスVの使い方は難しいことはないので、毎日のお手入れに取り入れやすいと言えますね。

メラノフォーカスVのような美白美容液の効果を実感するためには、肌の調子を整えておく必要があります。

そのためには肌をしっかりと保湿しておくことです。

肌が乾燥している状態だと浸透力も薄れてしまい、角層まで届くはずの成分が表面でとどまってしまっていてはもったいないですよね。

「正しい使い方で美白ケアをしているのになんで効果がないんだろう?」と感じている方はもしかしたら浸透力不足や保湿不足になっているかもしれません。

美白ケアは保湿ケアに比べてテクスチャーや浸透力がさっぱりとした使い心地だと感じる方も多いため、どうしても冬場は避けてしまうという方もいます。

冬場も効果的にメラノフォーカスVを使用するためには、いつもよりも保湿力の高い洗顔料や化粧水を使用してメラノフォーカスVの成分が肌に浸透しやすい状態を作っておきましょう。

資生堂が開発したm-トラネキサム酸や4MSKの美白有効成分の効果をしっかりと実感でできるように、みずみずしく明るい肌を実現するためにも正しい使い方と合わせて保湿ケアにも力をいれてみてはいかがでしょうか。

またメラノフォーカスVでは現品購入を迷っている方におすすめの3週間お試しサイズの販売を行っています。

今自分が使用している化粧水や乳液との相性を確かめたいという方や、自分の肌に合うかを確かめたいという方に最適なサイズとなっています。

3週間のお試しサイズはWEB限定で販売されているためぜひチェックしてみてくださいね。

【期間限定】HAKU美容液メラノフォーカスVお試しサイズの特設ページはこちらから