クマ 消す コンシーラー

目元のクマを隠す方法で一般的なのがコンシーラーを使ったメイクですが、ヨレてしまったり厚化粧に見えてしまったりして難しいですよね。クマを上手に消すことができるコンシーラーの選び方と使い方を説明します。
MENU

【必見】クマを消すコンシーラーの選び方と使い方!

<コンシーラーで消すことができるクマの種類とは?>
目元のクマには3種類のタイプがあります。

 

【茶クマ】
目のこすり過ぎによる刺激や乾燥、紫外線のダメージなどによってメラニンが増えることで起きる色素沈着です。

 

この茶クマはコンシーラーで消すことができます。

 

目の下の皮膚を下にひっぱっても顔を上に向けてもクマが薄くならなかったら茶クマの可能性があります。

 

【青クマ】
体の冷えや体調不良などからくる血行不良が原因です。

 

生まれつき皮膚が薄い方や肌の色が白い方に目立ちやすいクマですね。

 

目の下の皮膚を下にひっぱり、クマの色が薄くなったら青クマの可能性がありますよ。

 

青クマはコンシーラーで消すことができます!

 

【黒クマ】
加齢によって目の周りの筋肉が弱まり皮膚がたるんでしまうことによって影ができます。

 

その影がクマのように見えているため茶クマや青クマのように肌に色がついているわけではないのです。

 

顔を上に向けてクマが薄くなったら黒クマの可能性がありますよ。

 

薄い黒クマならコンシーラーで消せるのですが、濃い黒クマはコンシーラーだけで消すことは難しいです。

 

けれど、コンシーラーと他のメイク道具を使うことで消すことができるので後ほどお教えしますね♪

 

 

<目元のクマに使用するコンシーラーの選び方>
クマを消すには「リキッドタイプ」もしくは「筆タイプ」のコンシーラーを使用しましょう。

 

目元の皮膚はどの部分の皮膚よりも薄いため、少しの摩擦や刺激でも負担がかかりやすいのです。

 

目元に使用するコンシーラーを選ぶときはやわらかいリキッドタイプか筆タイプを選ぶことで目元に負担がかかりにくくなりおすすめですよ。

 

茶クマを消したいならイエロー系かオレンジ系のコンシーラーを選びましょう。

 

青クマはオレンジ系かピンク系のコンシーラーを選ぶといいですよ。

 

黒クマはクマの色よりもワントーン明るめのコンシーラーを選ぶとキレイに隠せますよ。

 

ただし、カラー別で売っていることが少ないので望ましい色がなければ自分の肌よりも明るすぎないカラーのものを選んでみましょう。

 

明るすぎるもの使うとクマが逆に目立ってしまうことがあるので注意です!

 

 

<茶クマ・青クマを消すコンシーラーの使い方>
クマをキレイに消して明るくて元気な印象に見せるためには正しくコンシーラーを使うことが重要です。

 

【コンシーラーの使い方】
ステップ@コンシーラーをブラシなどで取って、手の甲で量を調整しましょう。

 

ステップA目の下の茶クマ・青クマにコンシーラーを斜め下の方向へと少量のせて伸ばしましょう。

 

ステップBスポンジか薬指を使って優しくクマになじませる。

 

コンシーラーのラインをつなげるように上下左右にぼかして周囲の肌となじませていくのですが、あまり広げないように気をつけましょうね。

 

ステップCポンポンと軽く触るようにスポンジか薬指の腹でなじませましょう。

 

なじませたあとは目の下をスポンジやティッシュなどで軽く押さえて余分なコンシーラーをとりましょう。

 

フェイスパウダーを少しだけ目の下に軽くのせて抑えるとヨレにくくなりますよ。

 

 

<赤い口紅を使う!濃い黒クマを消すメイク方法>
濃い黒クマを消すためにはコンシーラーだけではキレイに消せません。

 

そこで使うのが【赤い口紅】です!

 

口紅と聞いてびっくりするとは思いますがキレイに黒クマを消すことができるのです。

 

赤い口紅を使ってクマに赤みを帯びさせることで、くすみが薄くなり目元をふっくらと健康的に見せることができますよ。

 

【メイク方法】
ステップ@まず、ベースを塗りましょう。

 

ステップA赤い口紅をクマの部分に大胆にガッツリと塗っていきます。

 

ステップBその上にコンシーラーをポンポンとのせてブラシでなじませます。

 

ステップC軽くファンデーション塗って完成です!

 

>>資生堂HAKUが一番安いのは…【トライアルセットを買える場所は?】

このページの先頭へ