資生堂で人気のHAKUは肌に透明感を与えてシミやそばかすを予防・改善してくれますが、目の下のクマにも効果はあるのでしょうか。HAKUでクマを消すことはできるのか調べてみました。また、クマを改善・予防する方法をお教えします。

茶クマには資生堂HAKUが効果的!

目の下の茶クマは色素沈着によってできます。

洗顔による摩擦やメイクによる刺激、紫外線によるダメージ、乾燥によるターンオーバーの乱れといったものが原因で茶クマはできてしまいます。

茶クマを消すためには美白化粧品である資生堂HAKUが効果的ですよ♪

就寝前に化粧水でしっかりとうるおわせてから美容液を茶クマの部分につけて眠りましょう。

茶クマができてしまった肌にHAKUをしっかりと浸透させてケアすることで改善されますよ。

色素沈着による茶クマができてしまわないように普段から資生堂HAKUでケアして予防するようにしましょう。

黒クマ、青クマには資生堂HAKUは効かない

黒クマは目の下のたるみ、目の下にできたへこみなどの影によってできます。

青クマは不規則な生活、寝不足、疲労、ストレスなどによる血行不良でできてしまいます。

この2つのクマのタイプは資生堂HAKUで改善できません!

色素沈着による茶クマは改善できますが、目の下のたるみをなくしたり血行をよくする効果は期待できないのです。

黒クマを改善したいなら目のストレッチが効果的

たるみによる黒クマは目の周りの筋肉を鍛えることで改善されますよ。

【目の周りの筋肉を鍛えるストレッチ方法】
①瞼をぎゅっと閉じて5秒間キープしましょう。

②目を思い切り開けて大きく広げて5秒間キープしましょう。

このストレッチを3~5セット(1日2~3回)毎日行ってくださいね。

ストレッチ後に目の周りが熱くなれば効いている証拠です♪

血流改善にもつながるので青クマにも効果的ですよ。

青クマを改善したいなら資生堂HAKUでマッサージしよう

目の下の青クマはHAKUを使うだけでは改善されません。

しかし、HAKUを使いながらマッサージすれば肌が白くなるだけではなく血行がよくなり青クマを消すことができますよ。

【青クマを消すマッサージ方法】
①両手の薬指にHAKUの乳液をたっぷり乗せましょう。

②血液を流すようなイメージで目の下を外側に向かってマッサージしましょう。

目の下の皮膚を無理に引っ張ったりしないように優しくマッサージしてくださいね。

資生堂HAKUを使ってどのタイプのクマか確かめよう

黒クマ、青クマは複数の要因が絡んでできるクマです。

HAKUで消せないと思っていたクマでも消せることもあります。

まずはHAKUを使ってみてそのクマが美白化粧品で消せるタイプのものなのかを確かめましょう。

それで消せなかったら他の方法で改善させていくようにしましょうね。

目の下のクマを予防する方法

できてしまったクマを改善させるのも大切ですが、クマができないように予防することも大切ですよ。

【茶クマを予防する方法】
①紫外線対策する
紫外線によるダメージで肌の水分が失われてメラニンが増加します。

天気や季節に関係なく日焼け止めを塗るようにしましょう。

②目元をこすらない
刺激や摩擦によって色素沈着します。

目元をゴシゴシこすらないようにしましょう。

③保湿する
肌が乾燥するとターンオーバーが乱れます。

HAKUの美容液を目の下につけてしっかりと保湿しましょうね。

【黒クマを予防する方法】
黒クマは主に目の周りの筋肉が衰えることでできてしまうので、日頃から目のストレッチをして筋肉を鍛えましょうね。

【青クマを予防する方法】
日頃から目元の血行をよくすることで予防できます。

ホットタオルを使って目元の血行をよくするのがもっとも手軽で効果的ですよ。

~ホットタオルの作り方~
①水で濡らしたタオルを絞り電子レンジで30秒~1分程度温める。

②適温になるまで冷ます。

資生堂HAKUを使って消せるクマなのか消せないクマなのか確かめてみましょう♪

【期間限定】HAKU美容液メラノフォーカスVお試しサイズの特設ページはこちらから