資生堂HAKUをなるべく安い価格で購入できたら嬉しいですよね。公式サイトとドラッグストアならどちらで購入するのが安いのでしょうか?公式サイトとドラッグストアを比較してみました。

公式サイト(ワタシプラス)とドラッグストアはどちらが安いのか?

資生堂HAKUは公式サイト、ドラッグストアではどちらも通常価格で販売されています。

どちらのほうが安いということはなく、どちらで購入したとしても価格は変わりません。

どうしても安い価格で資生堂HAKUを購入したいのなら楽天やアマゾンなどの大手通販サイトを利用するのもいいと思います。

楽天やアマゾンだと通常価格よりも約1000円程度安い価格で購入できますよ。

しかし、楽天やアマゾンで購入するのはおすすめできません!

なぜなら非正規品のものや使用期限が近いものなどが販売されている可能性があるからです。

もちろんすべての化粧品が当てはまるわけではありませんが、非正規品なのか使用期限が近いものなのかを見分けるのは難しいです。

安心安全にHAKUを使いたいなら公式サイトかドラッグストアで購入するようにしましょう。

資生堂HAKUは公式サイトとドラッグストアではどちらも通常価格で販売しておりどちらが安いということはないですが、それぞれで購入するメリット・デメリットがあります。

公式サイト(ワタシプラス)で資生堂HAKUを購入するメリット・デメリット

【メリット】
メリット①サンプルがもらえる
公式サイトで購入すると化粧水や乳液などの化粧品サンプルがもらえます。

コットン1箱(28枚入り)もらえることもあるので嬉しいですよね。

メリット②ポイントが貯まる
購入金額に応じてポイントが還元されます。

ポイントを貯めると買い物で使えるのでHAKUを実質安い価格で購入することができますよ。

メリット③返品・交換できる
商品が自宅に届いてから30日以内なら返品・交換してくれます。

もしもHAKUを使って化粧かぶれなどの肌トラブルが起きた場合の返送料は資生堂が負担してくれますよ。

【デメリット】
デメリット①5400円未満だと送料が432円かかってしまいます。

デメリット②テクスチャーを確認することができません。

どのような使用感や使い心地なのか、どのような香りがするのかといったことを実際に手にとって確かめることができないのです。

ドラッグストアで資生堂HAKUを購入するメリット・デメリット

【メリット】
メリット①ポイントが貯まる
ほとんどのドラッグストアではポイントカードを発行しています。

貯まったポイント分を値引きすることができるのでHAKUを実質安い価格で購入することができます。

メリット②肌のチェックをしてもらえる

肌の水分や油分、ハリ、メラニン量などを調べられる機械を取り扱っているドラッグストアが多いです。

HAKUを使う前と後の肌の状態を調べればHAKUを使ってどのように肌は変わったのか、効果はしっかりと出ているのかが分かりますよ。

メリット③ビューティーアドバイザーに相談できる
HAKUのテスターを試せるのでつけ心地など確認でき、どのように使えばいいのかなど直接ビューティーアドバイザーから話を聞けます。

また、複数の商品の中から自分に合うものを勧めてもらえるので気に入る化粧品に出会いやすいのも魅力ですね。

【デメリット】
ドラッグストアは実際にお店に行かなくてはなりません。

生活スタイルによってもなかなか買いにはいけないこともあるので不便だという人もいるでしょう。

資生堂HAKUは公式サイトとドラッグストアならどちらが安いの?:まとめ

どちらも通常価格で販売しているのでどちらが安いということはないです。

どちらで購入するかは、それぞれのメリット・デメリットを確認してから自分の生活スタイルに合ったほうで購入するようにしましょう。

公式サイトではHAKUのトライアルセットが2月21日からの数量限定商品として販売されていますよ。

【期間限定】HAKU美容液メラノフォーカスVお試しサイズの特設ページはこちらから